ごあいさつ

一生住むまちだからこそ、変えていきたいことがある。

 「消滅自治体」という言葉が登場しました。人口減少に歯止めがかからず近い将来消滅する自治体を指します。もしかしたら将来日野にも住む人がいなくなり、まち自体が消滅してしまうかもしれません。果たして誰がこの問題に責任を持って立ち向かうのでしょうか。
 その答えは「若い世代」にあると思います。子育てや教育、仕事や雇用、高齢者医療や介護等、これからの課題全てに直面するのは我々「若い世代」だからです。若い人が中心となってこのまちを支えなければなりません。にもかかわらず、若い世代は減っていきます。
 これを乗り越えるには、誰もが「日野町に住みたい、住み続けたい」と思えるまちにしなければなりません。まちの「魅力づくり」こそが全てのスタートだと思います。
 私は、自覚と責任を持ち「若い世代が住み続けたいまちNo.1」を目指し行動します。皆様のご指導を頂きながら、ひとつひとつ課題に対し真摯に向き合い、努力して参ります。皆様のご支援を宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP